カードを持っている女性

海外旅行とカード

色とりどりのカード

キャッシュカードは便利

キャッシュカードとは銀行預金をカードで入出金するためのカードです。
通常銀行窓口での入出金は通帳と銀行印で行いますが、簡素化するためにATMと呼ばれる機械で操作するためのカードです。
機械での操作には暗証番号が必要となります。
キャッシュカードがあればATMは銀行だけでなくコンビニエンスストアや娯楽施設にも設置されており、24時間対応できるため現金の引き出しが非常に便利になっています。
便利なキャッシュカードですが、紛失・盗難には注意が必要です。
暗証番号が解らないと引き出しは出来ませんが、万一暗証番号が解るとキャッシュカードで他人が口座にある現金を引き出すことが出来てしまいますので、取り扱いには注意が必要です。

ATMを使った取引に必要となるキャッシュカード

キャッシュカードは、現金自動預け払い機であるATMを使って、自身の銀行口座へアクセスし、引き出しや預け入れ、残高照会等が行えるカードのことです。
ATMを操作する際、操作する者が本人であるか否かの本人確認の役割もキャッシュカードが担っています。
自身が所有している銀行専用のATMだけでなく、現代では提携先となっているATMでも利用することが可能になっています。
消費者金融等からお金を借りてキャッシングをする際にも、キャッシュカードが必要となります。
契約した消費者金融より手元に届く仕様になっており、キャッシング専用のカードとして利用することになるのです。
ATMから行うキャッシュカード取引に関しては、1日あたりの利用限度額を設けているケースが多くみられます。